大船渡市で囲碁を通じたまちおこしを展開している碁石海岸で囲碁まつり実行委員会(木谷正道委員長)は7日、来年5月同市で第74期本因坊戦第1局が開催される計画を発表した。名勝碁石海岸にちなんで2014年から毎年行われている同まつりも同時開催。国内外からの注目が集まる好機を生かし、「囲碁のまち大船渡」の東日本大震災からの復興後押し、にぎわい創出につなげる。

 木谷委員長(70)らは同日、同市盛町の市役所を訪問。戸田公明市長らに本因坊戦や同まつりの概要を説明した。

 本因坊戦は来年5月11、12日に行われる予定。開催されれば、同市では1969年以来50年ぶりとなる。同市では今年2月、第42期棋聖戦第4局が行われており、同実行委は20年の名人戦も誘致し、三大タイトル戦の毎年開催を目指している。