県高野連(会長・阿部徹盛岡工高校長)は6日、盛岡市内で理事会を開き、来春の選抜大会の21世紀枠県推薦校に秋季県大会8強の千厩を選んだ。一般枠では盛岡大付、花巻東、専大北上の3校を選出し、来年度の事業計画も承認した。8日の評議員会で最終決定する。

 各校の部長ら約80人が出席。千厩はグラウンド工事のため2年前から地元の球場で練習し、球場周辺のごみ拾いや台風10号で被災した岩泉町での奉仕活動など、校外活動にも取り組む。5年前は部員が12人だったが、部の活性化を図り、地元から集まる部員が増加。ハンディを乗り越えて残した実績が評価された。

 21世紀枠は全国から3校を選出。東北地区の推薦校は12月14日に発表され、選抜出場校は来年1月25日に決まる。