プロ野球楽天からドラフト8位指名された富士大の鈴木翔天(そら)投手(4年)は6日、花巻市の富士大で球団の指名あいさつを受けた。スカウトから期待の言葉を掛けられ「やっとプロに行く実感が湧いた。開幕1軍でローテーションに入り、長く活躍する投手になりたい」と決意を語った。

 長島哲郎スカウト部長、宮越徹担当スカウトが来訪。豊田圭史監督らを交えて懇談した。

 長島部長は「楽天は左投手が手薄。(大学時代を過ごした)東北で大いに暴れ、投手陣の戦力になってほしい」と期待。宮越スカウトは「潜在能力を発揮できればローテーションの柱になれる」と太鼓判を押した。