7日は二十四節気の立冬(りっとう)。暦の上で冬が始まる頃とされる。6日の県内は、気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや雨となった。陸前高田市では、ブランド化を進めている「北限のゆず」の収穫が最盛期を迎えている。

 同市横田町の農業菅野久子さん(79)の自宅裏には、10本のユズの木が並び、黄色い実が連なる。菅野さんは「寒くなったらゆず湯にして温まりたいね」とトゲに気を付けながら、丁寧にはさみを入れた。収穫したユズは、同町の川の駅よこたで販売する。