久慈市内外の4飲食店が協力したオリジナルラーメンが味わえる、らーめんコラボレーション2018(実行委主催)は6日、久慈市川崎町のダイニングバーWEEKND(ウィークエンド)で開かれる。

 岩手・盛岡らあめん同好会久慈支部(鳥谷(とや)恭右(きょうすけ)支部長)を中心に企画。売り上げの一部は、9月の北海道胆振(いぶり)東部地震の被災地に義援金として送る。

 同店と同市の焼き鳥店「やきとり三吉」、ラーメン店「津軽煮干中華蕎麦(そば)サムライブギー」、盛岡市の同「柳家」が協力。それぞれ麺やスープ、肉などの持ち味を出し合い、同日限定のラーメン4種類を、お通し付き税込み各800円で販売する。

 イベントは午後5時から同9時まで。問い合わせは同支部事務局(080・6002・0291)へ。