高校野球の第2回1年生交流県大会最終日は4日、滝沢市の滝沢総合公園球場で決勝が行われ、花巻東が専大北上に11-0で大勝し、2年連続2度目の優勝を果たした。

 花巻東は初回1死一、二塁から水谷公省の左前適時打で先制。二回は酒井直也、水谷の連続適時打で3点を追加しリードを広げた。先発小野寺輝が6回無失点と好投。4投手の継投で被安打2、無得点に抑えた。

 専大北上は七回2死満塁の好機を生かせなかった。2失策や暴投など守備のミスが失点につながった。