【モデナ(イタリア)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は3日、イタリアのモデナでビッグエアの決勝が行われ、女子は16歳で平昌冬季五輪4位の岩渕麗楽(キララクエストクラブ、一関学院高2年)が166・50点で今季開幕2連勝、通算3勝目を挙げた。同五輪8位で20歳の鬼塚雅は165・00点で2位。平昌五輪金メダルのアンナ・ガサー(オーストリア)が3位だった。

 男子は17歳の大塚健が186・75点で初優勝し、飛田流輝が4位。平昌五輪代表勢は予選で大久保勇利が13位、国武大晃は23位で、ともに決勝に進めなかった。