ノルディックスキー・ジャンプのUHB杯は3日、札幌市大倉山(HS137メートル、K点123メートル)で行われ、男子は小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が127メートル、137メートルの259・4点で制した。小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)は114メートル、115メートルの191・9点で10位。

 女子は高梨沙羅(クラレ)が1、2回目ともにトップの123・5メートル、137・5メートルを飛び、合計250・5点で優勝した。伊藤有希(土屋ホーム)が115・5メートル、105メートルの175・6点で2位だった。