バレーボールの第71回全日本高校選手権(春高バレー)県予選第2日は3日、盛岡市の盛岡タカヤアリーナで男女の準決勝までが行われ、男子は一関修紅と盛岡南、女子は盛岡市立と盛岡誠桜が決勝に進んだ。

 男子は2年ぶりの全国切符を狙う一関修紅が準々決勝、準決勝ともストレート勝ち。盛岡南は準々決勝で黒沢尻工、準決勝は前回覇者の不来方に2-1で競り勝った。

 女子は盛岡市立が準決勝で花巻南に2-1で競り勝ち決勝進出。5連覇が懸かる盛岡誠桜は水沢商、一関一をストレートで下した。

 男女の決勝は1日置いて5日に同アリーナで行われる。