【ポートルイス共同】モーリシャスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会は29日、大船渡市三陸町吉浜の「吉浜のスネカ」や秋田県の「男鹿のナマハゲ」など8県10件で構成する「来訪神 仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録を決定した。鬼の姿などをした異形の「神」が家々を毎年回るという、なじみ深い行事が世界的な評価を得た。