プロ野球西武の10年ぶりのパ・リーグ制覇に貢献した菊池雄星投手(花巻東高)ら本県ゆかりの3選手が集結する「若獅子凱旋(がいせん)ふれあいイベント」は12月2日、花巻市松園町の市総合体育館で開かれる。米大リーグ挑戦を目前に控えた古里思いの左腕らと、地元で交流できる貴重な機会で、多くの参加を呼び掛けている。

 市などで組織するはなまきベースボールフェスタ実行委が主催。今季47本塁打を放ち本塁打王を獲得、パ・リーグ最優秀選手(MVP)にも選ばれた山川穂高(沖縄・中部商高-富士大)、勝負強い打撃で活躍した外崎修汰(青森・弘前実高-富士大)の両内野手も参加する。

 午前10時からの開会セレモニーに続き、トークショーを開催。抽選会もある。午後1時からは市内の小中学生対象の野球教室(参加募集は終了、一般観覧可)が開かれる。3選手はリーグ優勝にMVP受賞、メジャー移籍など明るい話題に事欠かず、ホットなイベントとなりそうだ。

 入場無料だが、整理券が必要。市総合体育館やなはんプラザ、市役所で入手できる。最新情報は市のホームページで公開する。問い合わせは市スポーツ振興課(0198・24・2111)へ。