県議会八幡平選挙区(定数2)選出で、無所属会派いわて県民クラブ所属の工藤勝博氏(69)は、来年の県議選に4選を目指して無所属で立候補する意向を固めた。

 工藤氏は28日、岩手日報社の取材に対し「災害や人口減少への対策を進め、地域の振興に力を尽くす。特に若者の地域定着に向けて取り組みたい」と意欲を示した。

 地元八幡平市の旧町村単位と葛巻町で組織する後援会を再構築する。

 工藤氏は同市大更出身で、盛岡農高卒。2007年に無所属で初当選し、11年に地域政党いわて公認で再選、13年にいわて県民クラブ入りした。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは2人目。