県議会宮古選挙区(定数3)選出の伊藤勢至氏(71)=自由党=は、来年の県議選に7選を目指して立候補する意向を固めた。同党への公認申請を検討している。

 伊藤氏は28日、岩手日報社の取材に対し「県は今後10年の発展計画を策定中で、沿岸・県北の振興を進めていく。水産業の再生と観光客の誘致に力を入れたい」と決意を示した。後援会(赤沼利彦会長)を拡大し、態勢を強化する。

 伊藤氏は宮古市出身で東北学院大中退。宮古市議を経て、1995年の県議選で初当選し6期目。2005~07年に県議会議長を務めた。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは伊藤氏が3人目。