西武の多和田真三郎(富士大)が28日、東京都内で行われたスピードアップ賞の表彰式に出席し「このような賞を取れると思っていなかった。来季もテンポ良く投げたい」と喜びを口にした。

 無走者での平均投球間隔が11・1秒と今季のパ・リーグの投手の中で最短をマーク。シーズン中に浅村から長い間合いを変えるよう助言を受けたそうで「テンポがいいと、打撃陣にとってもいい。来季も変えずにやっていきたい」と話した。