今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが27日、東京都内で開かれた。この日は個人タイトルやベストナインなどの表彰も行われ、米大リーグへ挑戦する西武の菊池雄星(花巻東高)も出席。2年連続2度目のベストナイン表彰を受けた。

 パ・リーグのベストナイン表彰では、西武の選手6人が壇上に並び、捕手の森友哉らと談笑する姿も見られた。

 16勝を挙げ、パ・リーグの最多勝に輝いた西武の多和田真三郎(富士大)も晴れ舞台に立った。プロ3年目の今季は切れ味鋭いスライダーを武器に、要所を締める投球が光った。