【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は25日、フィンランドのルカで個人第3戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、個人第2戦でW杯初勝利を挙げた22歳の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が1回目に140メートル、2回目に最長不倒の147・5メートルを飛び、合計310・4点で2連勝した。

 平昌冬季五輪ノーマルヒル覇者のアンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)が2位で、同五輪ラージヒル優勝のカミル・ストッフ(ポーランド)が3位。

 小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)は18位、中村直幹(東海大)は23位だった。

 上位30人による2回目に進めなかった伊東大貴(雪印メグミルク)は32位、46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は38位。竹内択(北野建設)は予選落ちした。

最長不倒147.5メートル

 驚愕(きょうがく)の飛躍で五輪金メダリストを圧倒した。小林陵は1回目にヒルサイズまで2メートルに迫って首位に立ち、2回目は1人だけ低いスタート位置で出ながら飛距離をさらに7・5メートルも伸ばし、ジャンプ台記録に並んだ。大差で2連勝を飾ったホープは試合後のインタビューで、まだたどたどしい英語で「信じられない」とはにかんだ。