セ、パ両リーグの今季のベストナインが26日に発表され、西武の菊池雄星(花巻東高)は2年連続2度目の受賞となった。最多勝を獲得したチームメートの多和田に勝ち星は二つ及ばなかったが、3年連続の2桁となる14勝で10年ぶりのリーグ制覇に貢献。「野手の方に打ってもらい勝利した試合ばかりだった」と強力打線に感謝した。

 今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する。「どこにいようが結果を出せるようにしたい。覚悟を持って準備する」と話しており、花巻東高時代から憧れた舞台での投球に意気込んでいる。