ドングリ食に親しむ、いわいずみどんぐり学園祭(つぴたあれいわいずみ実行委主催)は24日、岩泉町岩泉のうれいら商店街で初めて開かれた。参加者は料理やスイーツを通じ、縄文時代から伝わるとされる郷土の食文化を楽しんだ。

 町内外の約20店が出店。粉を練り込んだひっつみや和菓子、コーヒーなどが並んだ。ミズナラやコナラの木で作ったアクセサリーやおもちゃ、ドングリをイメージした帽子なども人気を集めた。

 盛岡市緑が丘の飲食業上野幸子さん(40)は「ブローチなど手作りの温かみがあり、かわいい作品ばかり。ドングリは思ったより渋みがなく、香ばしくておいしかった」と初めての味わいを楽しんだ。