宮古市の昭和通りのおかみさんもてなしたい(佐々木慶子代表)は23日、同市栄町の宮古駅前広場で、第10回「ジャズイン宮古 クリスマスコンサート&イルミネーション点灯式」を開いた。一足早いクリスマスソングやまちを優しく照らす光で、参加者が冬の訪れを実感した。

 東日本大震災後から毎年訪れている早稲田大のジャズクラブや市内3団体が出演。歌声と楽器の演奏が会場を包み込んだ。シチューのお振る舞いやサンタクロースによるプレゼントも配布され、クリスマス気分を満喫した。

 駅前から約1・2キロの末広町商店街を彩るイルミネーションの点灯式も行われ、来場者から歓声が上がった。震災の犠牲者を追悼する思いも込め、来年3月11日まで点灯する。