米大リーグエンゼルスの大谷翔平選手(24)の母校、花巻市松園町の花巻東高(小田島順造校長、生徒638人)に、ア・リーグ新人王選出を祝う懸垂幕がお目見えした。「全米絶賛」「二刀流」の文字が記され、在校生や市民は尊敬や憧れの気持ちで見入っている。

 懸垂幕は同校同窓会(滝田吉郎会長)が2カ所に設置した。校舎正面に取り付けられたものは長さ約10メートル。これまで掲示されていたエンゼルス入団を祝う懸垂幕を22日に差し替えた。

 大谷選手の懸垂幕は市内への観光客が写真撮影で立ち寄る「スポット」になっている。同校の菅原司教頭は「在校生、同窓生、市民らに祝福してもらいたいと思っている。活躍は後輩たちの大きな励み」と快挙を喜ぶ。