サッカーの第27回全日本高校女子選手権(来年1月3日~13日・兵庫県各地)の組み合わせが23日に決まり、3年連続出場となる本県の専大北上(東北第3)は1月3日の1回戦で神戸弘陵(兵庫、関西第3)と対戦することが決まった。三木市のいぶきの森球技場Aグラウンドで午前10時半キックオフ。

 神戸弘陵は4年連続4度目の出場。関西地域大会の準決勝で優勝した大商学園(大阪)に0-3で敗れたが、3位決定戦で京都精華学園(京都)を1-0で下し、出場を決めた。

 初戦の相手が決まり、専大北上の佐藤徳信監督は「攻撃的ないつもの形をどれだけ出せるか。自分たちの良さを出して戦う」と試合を展望。MF高山桃主将(3年)は「目標は全国ベスト4。本番までに自分たちの基準をトップレベルに上げたい」と意気込んだ。

 2連覇を狙う藤枝順心(静岡)と今夏の高校総体覇者の常盤木学園(宮城)が1回戦で対戦。前回準優勝の作陽(岡山)は前橋育英(群馬)と当たる。決勝は1月13日に神戸ユニバー記念競技場で行われる。