県議選北上選挙区(定数4)選出の佐藤ケイ子氏(62)は22日、北上市内で開かれた後援会拡大役員会で、来年の県議選に再選を目指して無所属で立候補する意向を表明した。

 佐藤氏は「野党共闘、反自民の立場で働く者、生活者の意見を県政に反映させる」と決意を述べた。佐藤氏は社民党籍があり県議会会派では改革岩手に所属。同日までに自治労県本部が推薦を決め、社民党県連合や連合岩手、平和環境県センターに推薦要請する。

 佐藤氏は北上市下江釣子出身で東京経済大短期大学部卒。旧江釣子村、北上市職員、同市議5期を経て2015年の県議選で初当選した。同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは佐藤氏が初めて。