重量挙げの全日本女子選抜選手権最終日は22日、茨城県の高萩市文化会館で行われ、本県関係選手は高校90キロ超級で吉田琴乃(盛岡工2年)がスナッチ70キロ、ジャーク83キロのトータル153キロで3位に入った。

 一般90キロ級の佐熊汐梨(早大1年)はスナッチ74キロ、ジャーク97キロのトータル171キロで6位。同63キロ級の佐藤陽南乃(盛岡医療福祉専門学校2年)はジャーク105キロで自身が持つ県記録を更新したが、スナッチを3回とも失敗し、順位なしに終わった。