ファミリーマートは21日、全国を五つの地区に分け、それぞれのナンバーワンのパンを決めるコンテスト「うまいパン決定戦」を27日から開催すると発表した。各地のパンメーカー9社が参加する。12月17日までの約3週間で販売金額を競う。

 パンメーカーはフルーツをテーマに、独自の新商品計9種類を用意した。山崎製パンは全ての地区で参加するが、それ以外のメーカーは生産工場などがある地区で参戦する。宮崎県、鹿児島県、沖縄県を除くファミマ、サークルK、サンクスで扱う。

 東北代表の白石食品工業(盛岡市)は、リンゴの果肉入りクリームを挟んだ「りんごパンケーキ」を発売する。担当者は東京都内で開かれた商品発表会で「シャキシャキした食感を残すように開発した」と話した。

 ほかに参加するパンメーカーは、札幌市の札幌パリと日糧製パン、さいたま市の伊藤製パン、名古屋市の敷島製パン、フジパン、大阪市の神戸屋、福岡県大野城市のリョーユーパン。