滝沢選挙区(定数3)選出の自民党県議柳村岩見氏(72)は、来年の県議選に出馬せず、今期限りで勇退する意向を固めた。近く正式表明する。後継候補の擁立を検討している。

 柳村氏は19日、岩手日報社の取材に「地域の課題解決と発展のため誠心誠意力を尽くしてきたが、身を引く時が来たと感じる。多くの人に支えられ、充実した28年の議員生活を過ごせた」と語った。後継は「フラットな状態から人選を進めたい」とした。

 柳村氏は同市出身で国学院大中退。滝沢村議2期を経て1999年の県議選で初当選し連続5期。2011~13年に副議長を務めた。自民党県連副会長を務め、県議会会派自民クラブに所属している。