2018.11.19

2作家語る「近代製鉄の父」 釜石で童門さん、高橋さん対談

対談する童門冬二さん(右)と高橋克彦さん
対談する童門冬二さん(右)と高橋克彦さん

 古里の先人を学び、まちづくりや人材育成を図る嚶鳴(おうめい)フォーラム(釜石市など主催)は16、17日、同市で初めて開かれた。17日は同市大町のTETTOで記念講演を行い、市民らが「近代製鉄の父」と呼ばれる同市ゆかりの盛岡藩士大島高任(たかとう)(1826~1901年)の功績に理解を深めた。

プレミアム会員登録すると記事全文がご覧になれます。

ログインして記事全文を読むプレミアム会員に登録する