バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ、12月23~29日・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)の組み合わせ抽選が18日に行われ、県勢は男子の一関工が延岡学園(宮崎)、女子の一関学院は浜松開誠館(静岡)と来月23日の1回戦で対戦する。一関工は午後5時20分、一関学院は午前10時40分試合開始予定。

 延岡学園は2年ぶり15度目の出場。2011年に全国高校総体、国体、全国高校選抜優勝大会の3冠を達成した。長身の外国人留学生をセンターに据える。一関工はディフェンスリバウンドを確実に取り、インサイドを守りたい。外角シュートの成功率が鍵を握りそうだ。

 浜松開誠館は3年連続4度目の出場。U-18日本代表のガードを擁し、上背はないが堅守速攻を得意とする。一関学院はタイプの似たチームに走り勝ち、試合を有利に進めたい。粘り強い守りで相手エースを抑え、ドライブや外角シュートで得点を狙う。