大相撲九州場所7日目(17日・福岡国際センター)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西2枚目の玉鷲に突き落としで敗れ、3日ぶりの黒星。2勝5敗となった。

 鋭く当たった錦木は玉鷲の右喉輪、左おっつけに劣勢。左を手繰って残し、突き、押しで逆襲に転じる。土俵際まで追い込んだが、玉鷲の左突き落としに惜敗した。

 8日目は東5枚目の千代大龍と対戦する。