スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒29で優勝した。2季前からこの種目で31レース負けなしとなり、1000メートルと合わせてW杯通算21勝目。本県の曽我こなみ(日本ハウスH&R)は国内リンク自己ベストを更新する38秒33をマークして8位に食い込み、W杯での自己最高順位を2日続けて塗り替えた。