盛岡市肴町の杜陵小(村中ゆり子校長、児童211人)の3年生36人は15日、同校近くの肴町アーケード内でキッズマートを出店し、日用雑貨や食料品などを販売した。児童は市民と触れ合いながら、接客や商売の基本を学んだ。

 児童たちは5班に分かれ、同アーケード内の5店舗の商品を販売。「いらっしゃいませ」「いかがですか」と元気な声で客を呼び込み、文具や日用品などを勧めた。

 肴町商店街振興組合の協力の下、児童は9月末ごろから、販売する商品の選定や陳列、接客などを事前学習してきた。

 販売体験は2002年度から始まり今年で17回目。