花巻市東宮野目の県空港ターミナルビル(菅原伸夫社長)は16日、同市北笹間の花巻ささま幼稚園(小綿順子園長、園児85人)の年長組20人を招き、同ビル前の広場にあるリンゴの収穫を行った。同ビル前ではイルミネーションの点灯も始まり、利用者の目を楽しませている。

 リンゴの収穫は園児たちがふじとシナノゴールドの木に分かれ、1人1個ずつもぎ取った。試食も行い、「おいしい」「おかわり」と笑みを広げた。高橋歩寿(あゆひさ)ちゃん(6)は「空港にリンゴの木があってびっくり。かっこいい飛行機も見れた」と満足げだった。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージしたイルミネーション

 2本のリンゴの木は2010年4月、ビル開業1周年を記念して植樹。松任谷由実さんが作詞作曲した「緑の町に舞い降りて」が花巻空港のイメージソングになり、歌詞レリーフの除幕式に松任谷さんが訪れたことを記念して「ユーミンのりんごの樹(き)」と名付けられ、親しまれている。

 イルミネーション点灯は15日から同ビル正面で実施。3年目の今回は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージしており、色とりどりの発光ダイオード(LED)照明を来年2月28日まで点灯する。時間は午後4時~同8時。