軽米町長の山本賢一氏(64)は16日、来年1月15日告示、20日投開票の同町長選に5選を目指して立候補することを正式表明した。

 山本氏は同町内で記者会見し「町民1人当たりの所得向上など4期の成果は上がっている。健康で心豊かに安心して暮らせる、安全で快適な町の創生に向け、引き続きまい進する」と決意を述べた。

 公約として▽子育て支援日本一の町、高齢者が安心して暮らせる町の実現▽大規模畜産・園芸ファーム誘致などによる農林業の振興▽町民所得向上▽中心商店街のにぎわい創出、生活環境の充実▽雇用創出▽移住・定住促進-を挙げた。政党推薦は要請しない。今後、後援会(川原木賢一会長)を軸に活動する。

 同町長選には新人の元会社員竹花弘二氏(66)も無所属で出馬を表明しており、選挙戦となる見通し。