県内の競馬場で開かれたレースに出走した馬から相次いで禁止薬物が検出された問題で、レースを休止している県競馬組合(管理者・達増拓也知事)は16日、組合議会を開き、本年度の収支は黒字を達成できる見込みなどと説明した。新たに実施した禁止薬物の抽出検査は、全て陰性だったことも明かした。

 達増知事が冒頭、「競馬ファンや県民のみなさまに深くおわび申し上げる。一日も早く信頼回復できるよう取り組む」と陳謝。及川忠事務局長は「早期再開できれば年間黒字は達成できる見込み」と説明した。