県警(島村英本部長)は14日、10月1日から運転免許証の自主返納を受け付けている県内の交番・駐在所で、同月に35件の申請を受けたと発表した。全体の申請は396件で前月比134件増。受理した交番・駐在所の多くは本署から遠方に位置し、利便性向上などに一定の効果があったとみられる。

 県警は10月から、これまでの県内各署など19カ所に加え、198カ所の交番・駐在所でも受け付けを開始。同月は交番10カ所で15件、駐在所16カ所で20件の申請を受けた。

 花巻署大迫駐在所の4件が最多で、同署東和駐在所、盛岡東署上田交番なども各2件の申請があった。全体の申請数は前年同月比42件増。申請の最高齢は94歳で、代理人申請は3件だった。