大相撲九州場所3日目(13日・福岡国際センター)盛岡市出身で、東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東関脇の御嶽海に寄り切られ、3連敗となった。

 2度目の立ち合い。錦木は踏み込みが弱く、御嶽海にもろ差しを許す。右、左と小手に振って逃れようとするが、土俵際に後退。体を起こされ寄り切られた。

 錦木は自己最高位で初日から三役との対戦が続いており、4日目は西大関の高安と当たる。