県競馬組合(管理者・達増知事)は13日、岩手競馬の競走馬4頭から相次いで禁止薬物が検出された問題で、17~19日の水沢開催を中止すると発表した。現在進めている所属馬の抽出検査の結果は16日に出る見通しだが、陽性馬がない場合でも再発防止策の進み具合によって中止がさらに長引く可能性もある。

 組合によると、17~19日の計33レースを中止。3日間で約8千万円の減収を見込み、10~12日の中止分を含む減収額は約1億6千万円。計6日間の中止にとどまれば単年度黒字を確保できる見通しという。

 18日の重賞競走第31回ダービーグランプリ(ダート2千メートル)は今後、振り替え開催の可能性も探る。