日米野球は11日、東京ドームで第3戦が行われ、日本代表は米大リーグ(MLB)オールスターチームに3-7で初黒星を喫し、対戦成績は2勝1敗となった。

 日本代表は1-1の五回に多和田真三郎(西武)=富士大=がモリーナ(カージナルス)に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、七回には成田(ロッテ)が2死から3長短打を許し2点を失った。打線は九回に山川穂高(西武)=富士大=の適時二塁打などで2点を奪って追い上げたが反撃が遅かった。

外崎、初球逃さず

日本-MLB 4回日本2死一塁、外崎修汰が左中間に同点二塁打を放つ。捕手モリーナ=東京ドーム
​​

 外崎修汰(西武)=富士大=が0-1の四回2死一塁で初球の速球を捉えて左中間へ適時二塁打を放った。二回の打席でスライダーに空振り三振を喫していただけに真っすぐを狙っていた。「一発で仕留められたので良かった」と胸を張った。

 三塁手で先発し、二回には難しいバウンドのゴロを危なげなく処理した。終盤には左翼の守備に就き、内外野を高いレベルで守れるユーティリティー選手として存在感を発揮。「どういう指示が来ても動けるようにやっていきたい」と力強かった。

山川、復調の兆し

日本-MLB 9回日本2死二塁、代打山川穂高が右中間に適時二塁打を放つ

山川(西武)は不振で先発を外れたが、代打で適時二塁打を放ち、復調の兆しを見せた。

 九回2死でフルカウントから速球を捉えると打球は右中間フェンスを直撃。金子ヘッドコーチと早出で打ち込み、好結果につなげ「ボールの見え方も良かった。何かのきっかけになると思う」と手応えを強調した。

 好調の柳田(ソフトバンク)が内角を厳しく攻められ始めただけに、山川の打棒復活は不可欠だ。「3試合戦い、難しさとつなぐことの大切さを感じた。ジャパンは勝つことが全て。勝つために何でもやる」と逆襲を誓った。