多和田真三郎(西武)=富士大=はMLBオールスターに2本塁打を浴び、黒星を喫した。先発して4回1/3を5失点で「1回り目はうまく抑えられたが、2回り目からパワーにやられてしまった」と脱帽した。

 今季16勝で初の最多勝に輝き「自分の力を試せると思う。思い切っていきたい。真っすぐでどれだけいけるか楽しみ」と自信を持って臨んだ。三回までは140キロ台中盤の速球で懐を突き、1安打無失点と快投した。

 だが四回に先制ソロを許すと、1-1の五回に拙守から崩れた。

 先頭打者の三遊間へのゴロを源田(西武)がうまくさばいて一塁へ送球したが、岡本(巨人)が捕球できず内野安打に。多和田は四球を与えた後、投前へのバント安打を処理した際に一塁へ悪送球し、勝ち越し点を許した。1死後、モリーナ(カージナルス)に右翼席へ3ランを運ばれ、降板した。多和田は「続けてホームランを打たれて、まだまだ力不足と感じた」と肩を落とした。