バスケットボール男子のBリーグ3部(B3)ファーストステージ最終日は11日、陸前高田市の夢アリーナたかたなどで3試合が行われ、岩手ビッグブルズは東京Cに53-68で敗れ、3勝9敗の6位で同ステージを終えた。

 岩手は前半、25-35で折り返した。後半も点差を広げられ、第4クオーター終盤に追い上げたが、及ばなかった。2桁得点は13点を挙げたFタイタス・ロビンソンだけだった。

 越谷と東京EXが11勝1敗で並び、直接対決の得失点差で上回った越谷が1位となった。

 レギュラーシーズンは16日に始まり、企業形態の3クラブを含め10チームが4回戦総当たりで争う。岩手は同日、東京・板橋区立小豆沢体育館で東京EXと対戦する。