【福岡市で東京支社・斎藤孟】大相撲九州場所2日目(12日・福岡国際センター)盛岡市出身で、自己最高位の東前頭3枚目に上がった錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西大関の栃ノ心に寄り切られ、連敗スタートとなった。

 互角の立ち合いから先に攻めたのは錦木。押し込んだが、栃ノ心が右でいなすと泳ぐ。横向きとなって左前まわしを許し、頭もつけられた。棒立ちとなり、寄りに屈した。

 初日は西関脇の逸ノ城に寄り切られた。錦木は左張り手にも構わず、右をのぞかせて速攻。土俵際まで押し込んだが、左おっつけが弱い。残す逸ノ城に左上手を許し、右を深く返されて左は使えない。寄りに力尽きた。

 3日目は東関脇の御嶽海と対戦する。