11日に創立50周年を迎える宮古市磯鶏沖のそけい幼稚園(晴山正子園長、園児150人)は10日、記念事業として創立40周年時に在園していた園児を同園に招き、卒園児集いの会を開いた。10年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こし、当時の思い出に浸りながら50年の節目を祝った。

 10年前に在園し現在、中学1~3年と高校1年となった生徒や保護者ら約150人が参加。園庭をスコップで掘り起こすと箱形のタイムカプセルが姿を見せ、中には園児が描いた絵や当時の新聞、園長から子どもたちへの手紙など当時の思い出が詰まっていた。

 全員で園歌を歌い、クラス点呼では照れながらも大きな声で返事をした。DVD観賞では縄跳びや鉄棒で遊ぶ姿や一人一人が自分の名前を言う映像が流れると「かわいい」などと笑いが広がった。