古くなったさんさ浴衣などを使い、障害者を含む社員が裂き織り商品を手掛ける盛岡市安倍館町の幸呼来(さっこら)Japan(石頭悦社長、社員19人)は、同市盛岡駅前通のカネイリスタンダードストア(及川麻美店長)で展示販売や製作体験を行っている。26日まで。

 ブックカバーやカメラストラップ、Tシャツなど鮮やかな色合いの浴衣を使った裂き織りが目を引くデザインの商品約50点が並ぶ。

 同社は10月、柱とする▽伝統継承▽廃棄物活用▽障害者雇用-の3点が評価され、公益財団法人日本デザイン振興会(東京都港区、川上元美会長)主催のグッドデザイン賞2018を受賞。受賞記念として展示販売会を企画した。

 23~26日はカネイリスタンダードストアで裂き織り体験ができるワークショップを開催。申し込みや問い合わせは同店(019・613・3556)へ。