米大リーグは12日午後(日本時間13日午前)に全米野球記者協会会員の投票による今季の最優秀新人(新人王)を発表する。ア・リーグではエンゼルスで投打の「二刀流」に挑んだ大谷翔平(24)=花巻東高=が最終候補3人に残った。受賞すれば、日本選手では1995年の野茂(ドジャース)2000年の佐々木、01年のイチロー(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となる。

 他の候補はヤンキースの両内野手アンドゥハー、トーレスだが、打撃の主要3部門全てでトーレスを上回るアンドゥハーと一騎打ちの様相を呈している。149試合で打率2割9分7厘、27本塁打、92打点のライバルに対し、打者・大谷は104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点と差をつけられた。

(共同=松下裕一)