日本相撲協会は9日、大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)の取組編成会議を開いて2日目までの取組を決めた。東前頭3枚目と自己最高位を更新した盛岡市出身の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、初めて三役との対戦が組まれ、初日に西関脇逸ノ城と当たる。過去の幕内対戦成績は3敗。2日目は西大関栃ノ心とぶつかる。過去は1勝2敗。