プロ野球西武からドラフト7位指名された富士大の佐藤龍世(りゅうせい)内野手(4年)は9日、花巻市の富士大で球団の指名あいさつを受けた。辻発彦監督が書いた色紙をスカウトから受け取り「一日でも早く一軍に上がり、一年でも長く活躍したい」と決意を語った。

 渡辺智男アマチュア担当部長代行、水沢英樹アマチュア担当の訪問を受け、豊田圭史監督らを交えて懇談した。

 水沢担当は「勝負強さ、ガッツあふれるプレー、自慢の肩で魅了してほしい。先輩野手2人(山川穂高、外崎修汰)を見習って同じ土俵で頑張って」と期待した。

 佐藤は「先輩に負けじと頑張りたい」と応じ、楽天に8位指名された富士大の鈴木翔天(そら)投手(4年)からは「絶対に打ちたい」と早くも闘志満々。「3割を打ちたい」と打者としての目標を掲げた。