スポーツクライミングのアジア選手権は9日、鳥取県倉吉市の倉吉体育文化会館で男女のボルダリング決勝が行われ、女子は伊藤ふたば(TEAM au、盛岡・松園中―盛岡中央高1年)が初優勝を果たした。

 決勝は6人で行われ、伊藤は完登数3、ゾーン獲得数4で終えた。いずれも2位の倉菜々子(愛知・安城学園高)と同じだったが、伊藤の方が完登にかかったトライ数が少なく、上位となった。7日に行われた予選は4位、準決勝は6位で決勝に進んだ。

 伊藤は今季、ワールドカップ(W杯)デビューを果たし、盛岡市で行われた第1回のコンバインドジャパンカップ(6月)で準優勝した。ジャカルタ・アジア大会(8月)は2種目に出場し、複合で4位に入った。