くずまきクラフト市は7日、葛巻町葛巻の旧遠藤邸で開幕した。アクセサリーや雑貨などを手掛ける町内外の出店者が集い、手仕事の温かみと魅力を発信している。

 同町や久慈市、一戸町や県外の31組が出店。コーヒーやピザ、イタリアンの軽食など飲食を楽しめる出店があり、クラフト市限定のマスキングテープとエコバッグも販売している。

 町内の女性有志が実行委を組織し、会場の古民家の装飾はメンバー個々が特技を生かして行った。

 地元の子どもたちが手作りした商品を販売する「子ども商店」も開店。帽子をかたどった髪飾りを作った葛巻小5年の熊谷美空さんは「お客さんに喜んでもらいたいと思って作った。買ってもらえてうれしい」と笑顔だった。