交通安全ミュージカル「魔法園児マモルワタル」(JA共済連岩手など主催)は3日、宮古市磯鶏沖の市民文化会館で上演され、園児らが舞台を楽しみながら正しい交通ルールを身に付けた。

 市内の幼稚園・保育園19園の園児、保護者ら約250人が来場。主人公の魔法園児マモルワタルが人間界へ修業に送り込まれ交通安全を学ぶ物語を観賞した。

 ストーリーの展開に合わせ園児たちも出演者と一緒に舞台に上がり、横断歩道の安全な渡り方を実践し信号機の色の意味を学んだ。