マツタケの産地岩泉町で収穫が最盛期を迎えている。同町岩泉の阿部光徳さん(69)は3日、愛犬と共に所有する山林に入り、31本を収穫した。

 阿部さんは盛岡市の会社を退職後、同町に帰郷し、8年ほど前から本格的にマツタケ採りに携わっている。同日は午前8時すぎに入山し、アカマツが並ぶ急斜面を登り、4時間かけてじっくりと探し歩いた。所々に顔を出しているマツタケを見つけると、丁寧に収穫していった。

 「岩泉のマツタケは他と比べて香りと味が違う」と胸を張る阿部さん。今年は8月下旬から収穫を始め、この時季はほぼ毎日、山に入っている。