北上市は11月3日、同市北鬼柳の江釣子ショッピングセンターパルのフードパークでラグビーの親善試合、日本代表対ニュージーランド(NZ)代表(東京・味の素スタジアム)のパブリックビューイング(PV)を行う。同市によると、ラグビーのPVは市内初開催。飲食しながら気軽に観戦を楽しみ、来年のワールドカップ(W杯)に向けた機運醸成を図る。

 ラグビーのルール講座や見どころ解説を聞きながら、世界ランキング1位のNZに11位の日本が挑む一戦を観戦。W杯で同市を公認チームキャンプ地とするウルグアイの牛肉を焼いた料理「アサード」や酒類も楽しめる。

 県と共催し、パル内には各国代表チームのパネル展示などW杯PRブースを設置。出場国のジャージーが置かれたポイントを巡るスタンプラリーも行う。正午からは屋外特設コートでタックルの代わりにタッチするストリートラグビーの体験会を開催する。

 PVは午後2時スタートで試合開始は同2時45分。入場無料。定員は200人だが立ち見もできる。

 問い合わせは同課(0197・72・8270)へ。